相続税セミナーを開催いたしました。

本日は、県民交流センターで、相続税のセミナーを行いました。

民法が改正されて、令和2年4月1日より、配偶者居住権が一つの相続財産として、取り扱われることになります。配偶者居住権を使うと、残された配偶者に対して、預貯金を多く分割することが出来たり、二次相続の時、相続税が軽減される効果があります。

今後の相続に際しては、ほとんどのケースで配偶者居住権が使われることになるでしょう。

2020年6月27日の相続税セミナー風景

お問い合わせ

・会社を設立したい
・低金利で資金調達したい
・相続税をどうしたらいいかわからない
・税理士を探している、税理士を代えたい
など、税務に関することならなんでもご相談ください。

〒890-0032 鹿児島県鹿児島市西陵3丁目20-14
お電話でのお問い合わせ
TEL:099-221-1580
FAX:099-221-1582